« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月21日 (木)

再び地震について

前回、六月二十一日以降についてはまたお話いたします、とのことでございましたけれども、これまでも予告通りの地域に予告通りの地震が多発しておりました。

再び玉依姫からのメッセージを頂きましたのでお知らせ致します。

『東日本大震災で亡くなられた方々に対し、心よりご冥福をお祈り申し上げます、と同時に今生きておられる被災された方々に、何とお声をおかけしたら良いのか言葉が未だに見つけられません。頑張って、などとは言えません。もう頑張っている方々なのです。何とか頑張って、気丈にしているのです。

三次元にいる私達は、こればかりは、同じ体験をした方にしか分からない事でございましょう。何となく分かる、といったものでは無いのです。一瞬で今までの生活を失い、又、一瞬でご家族を失ってしまわれた方々に、そういった体験の無い者は何も言えない、というのが三次元の世界です。

過去世で多くの方々が体験しておりますが、それは御霊の記憶にはございますが、今の人生での体験というものを通してしか理解出来ないという世界であるのです。正直なところそれがこの世なのでございましょう。

今、あちら側の世界では救助活動が大変でございます。それはそれは大変なようでございます。未だ助けを求めてさまよっている方々が沢山いらっしゃるようですので、本当はもう慰霊碑を高台に早く建てるべきなのです。

今一番頑張っていらっしゃいますのは総理、菅総理だけでございますね。他は足の引っ張りあいだけでございましょう。菅総理は自らおっしゃっておりますが、いずれ歴史が証明しますでしょう。あの方は大黒天の御霊をおもちで神格を持っているお方です。

これは私個人が、この世的に言っているのではなく、上からの霊視であります。この事は又いずれお話致します。私個人はどの政党が良いとか悪いとかの事は全く気になっておりませんし、又興味もございません。ので、その辺りの事はご理解頂きたくお願い申し上げます。

今回ここで気を付けて頂きたい日を申し上げます。
8月5日、8日、10日、御法度と覚えておいてください。そして11日、つまり5日から1週間はとても不安定な時期でございますので、決してパニックになる事のないよう、少し気にとめて頂き、冷静沈着にお過ごし下さいますよう、お願い申し上げます。』

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »