« 二極化する人々 | トップページ | 龍宮界の役割 »

2011年11月28日 (月)

龍宮界の霊人たち

龍宮界においでの霊人で名の残っている方は他にどのような方々がいますか。

 

 

『悲しい事か有難い事か、誇らしい事なのか、歴史上に名が残っている方は非常に少ないと申し上げます。私達の世界出身の方々の特徴と申しますのは、はたから観ると掴み所がなく何を考えているのか理解されがたい方が多いのです。三次元のような世界というのは苦痛かもしれませんね、天衣無縫と申しますか、人でやっていくには苦労でございます。ですから時代であるとか、地形であるとかの変革の時に多く出世致します。

坂本竜馬という方は私達の男神の世界からの方です、今とても人気がございますが、龍宮特有の気質、亡くなってから名前が残りました。遡りますと源義経様がいらっしゃいました。同時に静御前はご一緒におりました。今年NHKの大河ドラマの江、もそうでありますね。あまり今まで取り上げられた事はないと思います。最近になりますと又いらっしゃるのですが、これは存命中ですとご迷惑かも知れませんから敢えて申しかねます。こうして考えてみますと、皆さん浮き世離れしていて当時は理解されなかった方が多いのです。

紫式部、泉式部、といわれた方々もそうでした。が紫式部という方は三次元に心を残してしまいました、どちらかというと泉式部の方が、と思われた方が多いかと思いますが、彼女はすぐに戻っていらっしゃいました。紫の方は三次元の文章に興味を持ち、又、そうした事から時代の有り様を記録に残すというより、ご自分の興味、学問としての文章に興味が強くなり、ご自分の出身がどうであったか、分からなくなってしまったのでございましょう。三次元でのご自分の評価称賛に惹き付けられておりますから、又三次元に行く事を望んでいらっしゃるようでございます。私達の世界から少しばかり離れて日本神道系の神様方の方にお住まいでございます。そうですね、この頃は宮廷というところに良く出しました。沢山でておりました、何故でしたか当時は海という存在が大きなキーワードだったのであります。ああ、色々と思い出します。他に有名な方は、外国に向けましょう、メデユーサという方ですが、これも神話の世界になってしまいますね。実在されたお方ですが西洋の竜宮世界のお方でございます。

又近世ヨーロッパではジャンヌダルク、あの方は今でこそキリスト教の天使となられておりますが、ご出身は西洋の龍宮世界、そう伺っております、私は詳しく存じませんがヨーロッパの龍宮世界ではこの方が有名と伺っております。今、海外に目を向けましたら沢山の方々がおいでになるという事が分かりました、日本国内、海外、又ご本人の許可があり次第、お知らせ出来るかと思います、今回はこれで失礼致します。余談でありますが、と申しますのも余談では、とても失礼な事となってしまいますので、公表して良いのか分かりませんが近年の日本においては、出口王仁三郎というお方がいらっしゃいます。今もあります教団の方々にご迷惑はおかけしたくありませんので、龍宮の男神であり大変素晴らしいお方、日本神話に出てくるお方であります、とだけ言っておきましょう。大変、私達にお力添え下さっております。またお話し致します。』

 

 

             玉依姫

« 二極化する人々 | トップページ | 龍宮界の役割 »

玉依姫 言の葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282412/43173269

この記事へのトラックバック一覧です: 龍宮界の霊人たち:

« 二極化する人々 | トップページ | 龍宮界の役割 »