« UFOについて | トップページ | 2012年を迎えて »

2011年11月28日 (月)

貨幣経済の今後

世界規模の浄化に伴い、天変地異が一番大きいでしょうが、現在の貨幣経済もその姿を消すのでしょうか。
       

『まずユーロ圏ですが、これはかなり危ないと思います。まず、ギリシャ、イタリアで地震、火山噴火がありましょう。或いは異常気象により大寒波、大洪水、つまりユーロ圏では天変地異が起こります。そして、今から危ぶまれている経済が更に危うくなりましょう。ありとあらゆる今まで持ち堪えていた過去の遺産は亡きに等しいものになりましょう。

まず天災、観光財源の著しい低下により外貨が入らなくなりましょう。そして世界中あらゆ都市でデモが行われている姿が見えます。又新たな争いが起こります。中東の争いが何であったかと思うに至ります。アメリカは世界の警察犬としてまとめようとしますが中々思うようにいきません、エジプトが今の状態になってしまったのが、これから起こる始まりの始まりでありました。

今の日本はアメリカに着く事でかろうじて経済は保つ可能性があります。勝てば官軍という時代があり、アメリカは沖縄を返還して下さいました、が、ロシアは北方領土を未だ返還していない、という事を私達も勉強し直さいとなりません。ですから、これから経済は現実的に申しましたら世界大恐慌以上の事態になります。が、アメリカ側についていた方が良いでありましょう。この1年で変わります、何れにしましてもヨーロッパに大きな天災により更に経済崩壊に拍車がかかるでありましょう、今のご自分の財産をどう守るかは良くお考え下さい。又おかしな上手い話しには乗らない事です。こんな時代状況、不景気で儲かるお話しはございません。宝くじは信用できますか! これからは、ユーロだけでなく、最終的には世界で同じお金、ドルも日本の円もなくなり、まだまだ先ですが、いずれ地球上では全ての国で同じ新しいお金に代わるものが使われるようになります。』

 

 

              玉依姫

« UFOについて | トップページ | 2012年を迎えて »

玉依姫 言の葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282412/43173320

この記事へのトラックバック一覧です: 貨幣経済の今後:

« UFOについて | トップページ | 2012年を迎えて »