« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月27日 (金)

2月2日前後のご注意

玉依姫様より、再びメッセージを頂きました。

『この1週間、「1日一生と思って大切に生きましょう週間」、

皆様それぞれ何か不思議な事を体験するでありましょう』


     玉依姫



2月2日まで一週間ほどです。当たる、当たらない、という短絡的な見方以上にあちらの世界では切羽詰まっております。

どうぞみなさま、人間は御霊であるということを腑に落とし込んで頂きたいと思います。

今後は、一日一日を大切にしてくださいませ。

一日を大切にして生きるとき、人は一瞬のなかにすべてをこめて

生きることができるのです。

それが、高橋信次先生が言った、反省の意味でもありますし、

禅でいう「今を生きる」ということでもありましょう。


この短い玉依姫のコトバに深い、深い、私達への念いが込められております。

2012年1月20日 (金)

地震について

玉依姫様より地震についての注意を頂きました。

『1月23日前後、2月2日前後は注意して下さいませ。冷静沈着にお願い致します。  』

本年からの地震についてのご注意はちょと注意してくださいというよりも警戒レベルです。

「龍宮界掲示板」にも書きましたのでまた観てくださいませ。

2012年1月16日 (月)

ご質問

【…次ぎの地震はいつ頃なのか知りたいです。これからの近未来に起こる天変地異はどのようなものなのでしょうか】

公に出来ないことが沢山ございます。玉依姫様からはいろいろ具体的な情報は頂いております。 わたくしも時期的な流れをいろいろと観てきておりますが、まさに玉依姫様の仰る通りになってきています。今後は起きるものは起きてくるでしょう。それはあちらの世界で起きていることがただ、この三次元に現象化してくるだけのこと。

あちらの世界からの予知というものにはひとつのメカニズムがございます。おわかりになられる方々にはご理解頂けると思いますが、やはり何と申しますか、どうしても頭だけでいろいろなことをご理解していらっしゃる方々は当たる、当たらないでご判断なさる方々もおられます。

これまでも「龍宮界掲示板」には警戒日というものを出して参りましたし、今年も出していく予定ですが、昨年から起きるべき出来事というものはなんら変化しておりません。むしろ、その規模が大きくなっているということです。

龍宮界という世界は、地球環境を司っている世界でもございますし、地殻変動というものと龍宮界という世界は密接な関係性があります。それ故にはっきりと申し上げることが出来るのです。

一部の方々にはメールにて何度か詳細情報をお送りしたこともございますが、今年から大きく地球規模的に歴史が動き出すでしょう。今回のご質問にはそのようにお答えさせて頂きます。

それから何度も申し上げてきていることですが、どうぞ皆様方、御霊が本来の姿であり、御霊こそがその人自身であるということを知って頂きたいのです。

そんなことはとっくに知っている、という声が聞こえてきそうですが、

わたくしが不思議に思うことは、あれほど人々に教えを説き、ブログも書き、ご立派なことを仰っておられる方が、肉体がなくなった後に、なぜこの現世に止まり苦しむのでしょうか?

ほんとうにわかっていたのか、と言いたくもなります。知でもってしては真実はわかりません。たしかに、知でブログなり本を書けば、ご立派な文章にもなると思います。それを読まれる人々も大変優れている、と思われるかもしれませんが、

隠しようのないその人の真実は肉体を脱ぎ捨てた後にはっきり致します。

ですから、皆さん、大変厳しいことを申し上げているかもしれませんが、こういう人達を反面教師とさせて頂き、ほんとうに御霊こそがすべてであるということを腑に落とし込んで頂きたいと思います。

そしてもし出来ましたら、ご自身の御霊の探求というものをして頂きたいと本当にほんとうに切実に願っております。

くどすぎる!と言う方もいらっしゃるでしょうけれども、やがて誰もが遅い、早いはございましょうとも肉体を脱ぎ捨てる時がくるのです。難解な理論の前に基本をしっかりと押さえてください。

         出雲 拝

2012年1月 9日 (月)

2012年を迎えて

新しい年になりました。今年は辰年、「絶つ年」、「立つ年」、でもあります。

大きな地震を含め、天変地異もございますが、今年は自らの御霊で立つ年の始まりでもございます。

もはや旧来の宗教というものは必要ではない年です。どこそこの親神さまの力を頼りにすることも絶つ年です。

お一人おひとりの御霊というのは神の一部でもあり、みなさんが考えておられる以上に偉大な力を有しております。

他力に頼ることも必要なく、自らの御霊を信じて歩むことがとても大切になります。

御霊はとても尊いです。玉依姫は尊、命(みこと)とは御霊のことであると仰っておられます。まさにその通りです。

みなさん一人ひとりが尊(みこと)です。その尊く偉大性と無限を秘めた御霊を解放いたしましょう。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »