« ご質問 | トップページ | 視点の転回 »

2012年11月29日 (木)

王仁三郎 語録

朝日は照るとも曇るとも   月はみつともかくるとも

たとえ大地は沈むとも    曲津の神は荒ぶるとも

誠の神は世を救う

三千世界の梅の花      一度に開く神の教(のり)

開いて散りて実を結ぶ    月日と土の恩を知れ

この世を救う生神は     高天原に神集う

神が表に現れて       善と悪とを立別ける

この世を造りし神直日    心も広き大直日

ただ何事も人の世は    直日に見直せ聞き直せ

身の過ちは宣り直せ

          出口 王仁三郎

人々の心根の二極化が始まってます。常に自らを振り返ることの出来る人、過ちを省みることの出来る人、見栄や体裁に引きずられプライドの捨てられない人、今後はますますはっきりとしてくるでしょう。口でいくら良いことを言い、文章やネットでまことしやかなことを言い、霊能詐欺や低級霊媒に振り回されている人、何れはみなさん、あちらの世界に帰ります。その時にはウソも体裁も通用しません。

グローバルアセンションというのはないでしょうけれど、個人個人における御霊のアセンションを起こす人は少なからず出てくるであろう思います。一気にこの三次元を御卒業なさる方々は出るでありましょうが、基本は自分自身の御霊に近づくための地道な精進にあります。

大浄化も近づいて参りました。いつ起こるか具体的なことはまだ玉依姫からもお聞きしておりませんが、真摯に受け止める人たち、あざ笑う人たちいろいろでございましょう。

ノアは数年かけて陸の上でせっせと方舟を造っておりました、人々はそれを観てあざ笑いました。しかし最終的にはノアと一部の人たち、家畜や鳥たちはその方舟により、命を次ぎの時代に繋ぎました。

今後は誰もが信じられない、と思うことが起きる時期に突入致します。

みなさんの中にはあのアトランティスの末期を経験した人たちも多くおられます。この日本にも数多くの御霊があのアトランティスの末期を経験しているのです。御霊にそのトラウマを持っている人たちも多いかもしれません。それほど身の毛のよだつ出来事でした。現代はそのアトランティスの末期に大変酷似しております。

たとえどのようなことがありましょうとも、それは神の怒りではないということだけは知ってくださいますよう。

むしろ神々は人間の主体性をこそ重視されます。人々が選んでいく道であるならそれも受け入れよう、としているのが神々でもございます。

一人でも多くの人が神の側に付き、たとえ愚直と思われようとも真っ直ぐな道、正道を歩んで頂けたらと思います。わたくしもその道を歩み続けます。

            出雲 拝

« ご質問 | トップページ | 視点の転回 »

霊的世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282412/48018021

この記事へのトラックバック一覧です: 王仁三郎 語録:

« ご質問 | トップページ | 視点の転回 »