« 運を良くするには | トップページ | 宗教とスピリチュアルリズムの違いとは »

2013年4月12日 (金)

批判しないこと。

『神理がなかなか理解出来ず、自分以外の人たちを愛することもできないのはどういう心が原因なのでしょうか…』との問いについて

まず愛と愛情は全くの別次元です。愛というのは三次元を超えたものです。愛「情」というのは三次元を足場としてのものですね。愛情を持って人に接するということは大切ですが、時にそれが人をダメにしてしまうことだってあります。親が子に対してもよくありますね。あれだけよくしてやったのに、学費も全部出してやったのに…と愚痴をこぼす親がいますが、この愛情は相手が反抗をした場合には、愚痴にかわったりマイナスの感情に変わったりしますね。人によっては憎しみに変わったりもします。

愛というのは一方通行だとよく言われますが、見返りを考えないから「循環」して自分のところに戻ってくるのです。ところが、この循環をせき止めるのが見返りを求める心ですね。ですから、愛情から愛へと転化できるようになることが大切なのですね。

そのためにこそ、出発点を「自分を愛する」ことから始めませんと、他者に意識は絶対に向きません。自分を愛するのは自分しかいないのです。もっとはっきりと申し上げますと自分を愛するとは自分の御霊を愛するということです。意図的に神がある目的を持って、個性的に創られた御霊なのです。ですからどの人もみな「みこと」(尊)なのです。よく自分は六次元の存在だとか、七次元だとか言ってそれだけで満足されている人もおられますが、次元というのはこの世の成績表のようなものとははるかに、はるかにかけ離れたものです。この世の物差しで次元を捉えてもそんなものは何の意味も持ちません。

では自分を愛するためにはどうしたらいいのか、ということですが、その前にとても大事なことがございます。それはご自身を愛するということを阻んでいる意識を変える必要があるからです。ここを玉依姫が一番強調したいところでもあります。自分を愛することの反対は自分をダメな存在だと考えているか、常に悩みがちであったり、これは何か悪い兆候ではないのか、と考えたりする心の傾向ですね。そしてそういう御方々の特徴というのはご自身に対しても、自分以外のものに対しても否定的で批判的であるということです。ようするに物事に対してジャッジする傾向が共通してあります。みなさま方もよくよく考えて頂きたいのです。

つい先日も龍宮物語の熱烈な読者の方からお便りを頂いたのですが、批判を受けてついカッとなり猛烈な反撃をしたと仰っておりましたが、これも物事をジャッジする心です。特に何と言うのか、スピリチュアルの世界ではそれで生計をたてていらっしゃる方もございますので、そういう方が運営しているホームページなりブログなりお書きになっている人たちは、やはり他をジャッジしておられる傾向が相当強くございます。こうしたスピリチュアルの世界ほど排他的で争いの火種を持っている分野はないのではないかとわたくしには思えて残念で仕方がございません。まだ他の分野の方がましなようにさえ思うのです。

玉依姫は現代の人々に対して、争いを止めてください、もっと寛容な精神を養ってください、といつも仰られます。この争いの心が戦争を引き起こすのはもちろんのこと、そればかりではなく気象にも多大な影響を及ぼしてしまうのです。
そのことに一人でも多くの方にお気づきになって頂きたいと思います。

スピリチュアルに関心のある方は自分の悩みを解決したい、劣等感を克服したい、なんとかこの不幸感覚から抜け出したいと思って、あっちのブログ、こっちのホームページとネットサーフィンしているうちにいろんな霊的な関心ごとが増えている人たちも数多くいらっしゃることと思います。こういう人たちもあっちはダメ、こっちもダメと思っていらっしゃることでしょう。

まず批判する心をまず止めましょう。最初は意識的でも良いのです。
そして、そういう外に意識を向けるのはお止めになってご自身の内に意識的であってくださいますよう。ご自分を愛すれば愛するほど他人と「見える」人たちに対して真実の愛で接することが出来るようになるのです。

ご自身を愛し、そして笑顔になり、その笑顔で他の人に接するとその人も笑顔になり、それが拡がってみんなが笑顔になりますと、きっと地球さんも笑顔を取り戻しますよ、と伝えているのが天上界です。
な~んも難しいことなど伝えてはおりませんよ。(^^)

 

           出雲 拝

« 運を良くするには | トップページ | 宗教とスピリチュアルリズムの違いとは »

コメント記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282412/51199578

この記事へのトラックバック一覧です: 批判しないこと。:

« 運を良くするには | トップページ | 宗教とスピリチュアルリズムの違いとは »