« ご質問 | トップページ | ご質問 過去世の記憶は大切なのか? »

2013年5月25日 (土)

ご質問 死への恐怖の克服

「死への恐怖心は和らげられるのですか‥」との問い

三次元に生きている私達は誰もが恐怖心を持っております。そのなかでも死ぬということが最大の恐怖としてあげられますね。でもそれは、真実を知らないから起こることでもあります。

実のところこの世とあの世は真逆になっているところがかなり多くございます。みなさんは死ぬことが最も恐怖を抱くとお思いでしょうが、実際には生まれる時の恐怖のほうがはるかにはるかに大きいのです。全く不自由な世界に出て参りますし、現代だと生まれる前にどんなアクシデントがあるかわからないですし、あちらに居た記憶がかき消されてしまいますす。全くの手探りの状態で人生を歩むことになりますし、

何よりもと居た世界に無事帰れるかどうか、それもパーセンテージが低いですね。そんな恐怖に比べたら、死ぬということほど容易なことはありません。危篤の状態というのは、御霊があちらの世界に行っておりますし、先に亡くなっている自分の両親や知人、守護、指導霊なども来ておりますし、不安はないんですね。しかし、全くあの世を信じない人にとっては自分の亡骸やあるいは危篤の肉体にすがりついて泣き崩れている家族を観て、驚愕することばかりでしょうから、あらかじめ、あの世のことを予習しておくというのはとても大事なことでございます。

でも、私が思いますのは、死への恐怖と言いながらも、その実この世への未練というか執着というか、見知らぬ世界へ一人で行くのが嫌で愛する者の側についまでも居たいということではないのでしょうか。そういうことだと思うのです。死ぬこと自体はなんら問題はないのですが。

ですので、あの世のことを知ることも大事ですが、この世の未練も「常に」整理しておくことが何よりも大切ではないでしょうか。ご質問者様も恐怖というよりもそういったところではございませんか‥?(^_^;

また別のご質問を頂くほうがより具体的となりそうでありますよ。(^^)

このあたりについてのことも、「幸せを呼ぶ龍宮物語 第二章に関連して」においてとりあげて参りたいと考えております。

結論はみなさん覚えていらっしゃらないだけで、生まれてくる時のほうが圧倒的に恐怖心は強かったのですよ。

           出雲 拝

« ご質問 | トップページ | ご質問 過去世の記憶は大切なのか? »

コメント記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282412/51775070

この記事へのトラックバック一覧です: ご質問 死への恐怖の克服:

« ご質問 | トップページ | ご質問 過去世の記憶は大切なのか? »