« ご質問 過去世の記憶は大切なのか? | トップページ | ご質問 ムー大陸の浮上 »

2013年5月26日 (日)

「幸せを呼ぶ龍宮物語」 第二章に関連して

『貴女方がいる世界は3次元、貴女方が四次元の世界は信じがたい、と思って生活されていらっしゃいますね、次元というものは四次元の者にとりましても同じように、

貴女方3次元の方々と同じように異次元の世界なのでございます。次元というものはご自分の世界とは明らかに異なった世界でございます。ですから、今私達が住む3次元の世界からは四次元以降の世界は摩訶不思議、幽霊や物質ではない異形の世界であると感じておりますよね。

ところが、四次元に参りますと、五次元の世界が、今の私達が感じております、四次元の世界のように、あるのかもしれないけど、ないのかもしれないといった感じなのでございます。

また五次元の方々から致しますと、更に上の六次元が、本当にあるのか?といった具合なのでございます。次元と次元の間には、今私達が、あの世というものがあるのか、ないのか、といった位の次元の壁と申しますか、その様な、差がございます。』

            玉依姫

« ご質問 過去世の記憶は大切なのか? | トップページ | ご質問 ムー大陸の浮上 »

「幸せを呼ぶ龍宮物語」に学ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282412/51785542

この記事へのトラックバック一覧です: 「幸せを呼ぶ龍宮物語」 第二章に関連して:

« ご質問 過去世の記憶は大切なのか? | トップページ | ご質問 ムー大陸の浮上 »