« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月28日 (水)

ご質問 なんでもかんでも霊的にありがたがるのは?

ご質問者様へ…

なんでもかんでも霊的なものと結びつけてありがたがるのはほどほどでよいのですよ(^^)

理性的であり、地に足をしっかりつけた上で、さらにその上の次元のことを知るのがもっとも望まれることではないでしょうか。

吉田兼好の「徒然草」に以下のようなことが書かれています。現代語訳でのものを出しておきますね。

『京都の丹波地方にも出雲というところがある。しだ某という者の領地で、島根の出雲大社の流れをひく立派な社が造営されている。

 ある年の秋、そのしだ某が「是非当地の出雲神社にお参り下さい。名物のおはぎでもご馳走いたしましょう」と聖海上人など大勢の人を招待して、連れだって出かけた。

 そして、おのおの拝殿でお祈りをして、大いに信仰心を深めた。

 と、そのうち聖海上人が、本殿の前の獅子と狛犬が反対に向いて背中合わせになっているのを見てしきりに感心しはじめた。「おお、これは見事なものだ。この獅子の立ち方はとてもすばらしい。きっと深い意味がこめられているのにちがいない」といい、終いには涙ぐみながら「みなさん方にはこのすばらしさがお分りにならんのですか。ああ情けない」と言いだした。

 すると他の者たちもみな不思議がって「そう言えば本当に変っていますな」とか、「これは都に帰ったら、いい土産話になりますな」とか言いだした。

 しかし、それでも物足りない上人は、いかにもこの神社のことに詳しそうな高位の神官を呼びだして、「ちょっとお伺いしたいのですが。このお社のお獅子の立ち方にはきっと何か謂われがあるのでございましょうな」と言うと、「それなんですよ。あれはいたずら坊主の仕業でして、まったくけしからん子供たちです」と言いながら駆け寄って元の向きに戻して、そのまま行ってしまった。

 こうして上人の感動の涙は無駄になってしまったということである。』(第236段
)

ここに書かれている出雲は私のハンドルネームと同じですが、これは何の意味もない全くの偶然です。あなた様が仰るような必然ではございませんので念のため‥(^◇^;)

しかし、すべてのできごとにそのようにお思いになるのは大変素晴らしいと思います。その思いを地球そのものにも向けてくださいませ。 地球こそ必然的に私達を生かしております。どんなに環境を破壊しようとも。

         出雲 拝




ご質問 愛とは

「単刀直入にご質問させて頂きます。愛を発揮するためにはどのようにしたらいいのでしょうか、魂の次元を上げるためには他を愛する心が必要だと感じますが、何をどうしたら良いのかがよくわかってません(v_v)ご指導願えればありがたく…」との問い



仰る通り、御霊の次元を上げるためには愛する力が鍵になります。
しかし、ご質問者様が仰る愛とはどのようなものでしょうか‥もし狭義な意味合いでの他に対する愛ということであれば、それは少し違うように思います。


愛とはもっと広義なものでございますし、三次元を離れたものであります。こちらのブログでは愛という「コトバ」をあまり使っておりませんが、それは愛とはすべてを含んでいるからです。これこそが愛することであるという、そういう三次元的な狭義なものではないのですね。


愛の内容には素直さがあります。謙虚さがあります。正直さがあります。勇気もあります。智慧もございます。秩序もあります。明るさもあります。厳しさもあります。優しさもあります。慈悲もあります。ありとあらゆる大霊界のエネルギーを包含したもの、それが「愛」というものなのです。


この地上では、正直に素直に生きることも愛を表現していることですね。謙虚さを持って生きることも愛を表現していることなのです。勇気を奮うことも愛の表現ですし、その人の先の人生を考えて嫌われてもあえて厳しいことを言うのも愛そのものであります。


すなわち、真実の愛とは人にどう思われようがそんなことに全く無頓着で純粋な表現であり行動であります。以前このブログでも愛と愛情の違いということをお書きしたはずですから、それも参考になさってくださいませ。(あくまで私の記事は参考程度です)


この愛の中では、高次元霊の愛が最高の愛であります。それは真実を真実のままに語り、そして行いを伴う愛であるからですね。三次元的な愛の表現とははるかに離れた高次な念いであります。


では愛を発揮するにはどうしたらよいかですが、これは「怖れ」を取り除くことなのです。どんな方々であっても愛を表現できない人はひとりもおりません。もし、愛がないと言わざるを得ないのであれば、それは怖れがあるからです。


正直に素直に生きれないのも怖れがあるからですね。勇気がないのも人に嫌われるかもしれないという怖れがあるからでしょう。優しい言葉をほんとうはかけてあげたいと思ってもなかなか言えないのも怖れですね。
暴力も人との争いも戦争も怖れからです。


その怖れを取り去るだけで、自然に愛というエネルギーは入ってくるように出来ているのです。ですから、愛する方法であるとか愛する努力だとか愛の定義だとか、そういう屁理屈な各次元の愛の理論などまったくナンセンスであると私は思います。


人はその御霊にもともと、とてつもなく大きな大きな愛する力が備わっているのです。この愛の大きさに気づき、そして怖れを取り除くためにかつて谷口雅春師という御方が光一元を説いたのです。また怖れに気づきそれを取り去るために高橋信次師八正道を現代にわかりやすく説かれたのですね。怖れを取り除くのはそんなに難しいことではないと思いますが、中にはトラウマをお持ちであったりカウンセリングが必要な方もいらっしゃるかもしれませんが、ご質問者様には谷口雅春師の書や高橋信次師の書などをお読み頂くことも参考になるかもしれません。


そして、もっとも大切なことは、何度も龍宮界でも申し上げているようにまず、ご自身を愛することからはじめないといけませんね。それは自分を愛する程度にしか他者を愛することは出来ないからです。ちょうど容器の大きさしか水が入らないのと同じようにその容器の大きさに入っている水しか人には分け与えられないのですね。自分自身を愛すれば愛するほどその器は大きくなります。そうすればその器の分の愛を他者に分け与えられるようになるのですね。


自分を愛するためには、まず正直に素直に生きる決意をすることです。そして身の丈からはじめて無理のない中道のスタイルで生きることです。怖れをとるためにはちょっとした勇気が必要になることもありますが、やってみればそんなに難しいことではないとお気づきになるはずです。そしてこれが御霊の次元を上げていく姿勢であるのですね。


この姿勢で歩んでおりますと、すべてが学びとなり、経験智となり、広義な意味合いでの愛というものが、


すなわち、智慧や謙虚さや秩序、勇気、明るさといったものが総合力として働くようになってくるのですね。そこには努力であるとか、そういうものではなく、ごくごく自然にご自分なりの愛の表現が出来るようになってくると思います。自分自身を生きて、初めて御霊の次元は上がっていくのです。


はしがき程度にしか書けませんでしたが、時間が許せば玉依姫にも御霊の次元を上げるために必要なことなどをお聞きしておきますね。




             出雲 拝

2013年8月26日 (月)

龍宮界と日本の発展繁栄

「龍宮界は経済の発展繁栄を司る世界と考えてましたが、それは違うのですか?
…」との問い

ご質問を含めて、ちょうどお伝えしておきたいことでありましたので、簡単にまとめてお話しておきたいと思います。

たしかに龍宮界は仰るような世界であります。しかしそれは大黒天のようなお働きというよりも、
たとえば、日本なら日本の国土そのものを発展させるためにその土壌としての環境を整えてきた世界ということが言えると思います。

龍宮界と言えば、海を司る神とお考えの方々も多いと思います。もちろん重なるところもございます。西洋の龍宮界のポセイドンが海神として君臨しているようなこともありますが、基本的には海には海を司る神々の霊域があり、山には山を司る神々の霊域があるのです。龍宮界とは別の霊域であります。

この日本にも龍宮界がありますが、それはこの国が神々から選ばれた神国として形創っていこうとされ、霊天上界において計画されたためにまず龍宮界が高天原の神々に先立って、山岳界や天狗界といった世界の方々のご協力とともに国造りに着手してきたのです。

日本には四季がありますね。春、夏、秋、冬があり、それぞれの季節にはそれに相応しい何とも言えない感覚をみなさんお持ちであるはずです。春には春独特の感覚が、夏にも秋にも冬にもそれぞれの季節独特の感覚があります。そればかりではなく、それぞれの季節を彩る自然の芸術も各季節にはみられわたしたちの心に潤いを与えてくださっておりますね。

この日本という国を龍宮の神々は海を使い、山を使い川を使い、日本特有の環境を整えてきました。そういう環境下にあって、日本独特の精神性がうまれたり、
日本独自の技術が生まれたり、そしてお米が作られたり、農作物や果物が作られたりするのですね。こういうふうに日本の風土環境を創ることによって、その結果、日本の国そのものを発展繁栄させてきたのが龍宮界であるのです。そのようにお考えになられてよろしいかと思います。

また、この龍宮界という世界の高次元霊が下生した時には、なんと言ったらよいのでしょうか、悪神扱いされることもあったのです。近年では出口王仁三郎師がそうですね。当時は日本の四大国賊とまで言われました。

みなさんがよくご存知なところでは西洋の龍宮界であります、メデューサがそうです。メデューサはみなさんがよくご存知なところでは髪の毛が蛇で、目を見れば石にされるというまるで妖怪扱いですね。そのような残り方をしておりますが、現実は全く違います。
メデューサは当時、大地震、自然災害の予言を数多くしたのです。そしてメデューサが言うとほんとうにそういうことがあったために、良い意味での警告者とはならず、悪神扱いとなったようです。メデューサは非常に美しく、明るい御方であり、西洋の龍宮の女神のお一人であります。このことについては詳しく書籍出版にて訂正しておくつもりであります。数千年ぶりに真実を語っておきたいと思います。

天乃川ます美様は、メデューサについては以下のように仰っております。

昔、ソドムとゴモラ でしたか、映画にもなりました、確か後ろを振り向いたらいけない、メデューサがいる訳ですね、そしてメデューサの瞳を観たら石になってしまう、と言うお話しです。あの時大変な天変地異があり、人々は都から移動する内容です。火山の噴火は勿論、大地震によって土地を捨てなければならなかった、後ろを振り向くという行為は未練であったのかもしれません。そして、当時女神メデューサが肉体を持ち大変動を予言していたのです。ただ、多くの人々は天災が起こったのはメデューサが予言したからだという記憶の方を伝説にしてしまったのですね。

しかし、一方では女神とし、魔除けとして扱う、という方々も多く、御霊レベルが高かった方々もいたので、女神としての扱いもされている、という事だと思います。龍宮からの神方というのは、やはりいつも大変動の時に出てきますから、悪役にされる事が多いのです。人間にとって悪い事が起こる、という事を予言する訳ですからね。

ただ、変わりますよ、と言う事を伝えてあげないと、という優しさで出てくる訳ですね。悪く言われても、やはり人知に及ばないという事でいくらかでも女神メデューサとして崇拝もされている訳ですから…

これは以前玉依にお聴きした事ですが、女神メデューサはもう2度と3次元には出たくはないけれど、非常に明るい方で、まあ、宜しいか、くらいに御自分が蛇の髪の毛か?と笑っているそうです。

本当の私達からの世界のものは、理屈や理論でいう事をしません、ズバリ言うべき時に言う、という体質です。ですから過去、龍宮世界からの方々は悪神扱いも受けたのだと思います。ですが、これも以前玉依から聞いた事ですが、特別な世界、龍宮の世界の方々は皆さんとても明るく他人の評価等で一喜一憂するような方々はいないという事です。

他人に合わせる事が苦手な方々は龍宮からの方々が多いかも知れませんね。又、それで平気、まずご自分が神の眼から観ても何も悪い事はしていない、という自信というものを持っておりますから…

大昔も現在も人々が人間として下生している高次元霊を見極める、というのは難しいことです。それを知っているのなら、キリスト・イエスも十字架にかけられることもなかったでしょうけれども、地上では結果を守るためにイエスは人類の罪を購うために十字架にかけられた、という話しにすり替えて伝え残す以外はなかったのでしょうね。

龍宮界は国を発展繁栄させる、その基となる環境を創りだしてきた役割と同時に地上に下生しては、やはり文明や価値観を転換しなければならないような天変地異の警告をも担いますから、メデューサのような女神も出てしまうのですね。

これは真実がみえない三次元のわたしたちの哀しさであると思います。しかしもっと哀しいのは、わからないから本物か偽物か試してやる、と呪術や祈祷などをする者たちです。これは神に対するそれこそ冒涜でもあり、大きな罪であります。試すというその時点ですでに心は地獄です。直接そういうことをする者は生きている間にかなり厳しい反作用にあいます。これも警告しておきます。これまで以上にその反作用はあります。‥その前にやっている者がわかれば三次元的にシバキアゲラレル可能性の方が大ですが‥(¨;)


だいたい以上です。詳しくはこのブログでお伝えするか、書籍にて書き残して参ります。

このブログではまだ、御霊についてのことを終えられていませんので、まずそちらを急ぎます。(¨;)

            出雲 拝

2013年8月25日 (日)

自然災害の対策を

随分と更新が遅れてしまいましたが、この間、毎日のようにあちらの龍宮界の情報を天乃河ます美様を通じて、お聞きしておりました。このブログでは直接お書き出来ない内容もあり、事細かいこと、その詳細をお伺いしてまいりました。


前回のブログをお書きする以前よりお聞きしていた通り、
七月に入ってすぐに世界を含め、この日本でも自然災害が多発し始めてきました。主立ったものでは、

7月2日、スマトラ島北端の地震(M6.2)、これは規模は大きくなくて良かったですが、死者数が十数人の被害地震。

7月8日、パプアニューギニアで、M7.3の地震が発生

7月10日、相模湾で、M3.9(震度4)の地震が発生。同じく7月10日、岩手県沿岸北部を震源とする、M5.0(震度4)の地震が発生。
同じく7月10日、鹿児島・桜島の昭和火口(標高約800メートル)で爆発的噴火があり、鹿児島地方気象台によると噴煙が3400メートルまで上がったとのこと。

7月15日、南太平洋で、M7.2の地震が発生

7月16日、岩手県沖を震源とするM5.3(震度4)の地震が発生。

7月21日、ニュージーランド、クック海峡で(M)6.5の地震があり、海峡に面する北島の首都ウェリントンで4人が負傷

7月22日、中国甘粛省定西市で(M)6・6の地震が発生。死者数あり。

八月に入り、2013年8月4日には宮城県沖地震(M6.0)、14日後の2013年8月18日には、桜島・観測史上最高の噴火がありました。
海外では、ニュージーランドでM6.5の地震が発生、南米コロンビア沖では、M6.6の地震が発生。

気象関係では6月から世界各地で異常気象が相次ぎ、中国南部やヨーロッパ東部では記録的な高温。ロシア中部では6月中旬に大雪になり、南米やヨーロッパ西部では大雨になり、ヨーロッパではドイツ、チェコ、ポーランドなどで大雨による洪水が発生し、被害額はドイツだけでも1兆3000億を越える見込みになっているとのこと。

インドでは例年より1カ月早く全域が雨季に入り、インド北西部の雨量は平年の3倍にもなっている。6月からの大雨によりインドでは5700人以上が犠牲となりました。
気象においては、八月に入りましても、この日本でも容赦がない豪雨がつづいております。

さて、こういったあまり好ましくない出来事の警告をするということに対して、霊天上界の玉依姫はあまりお話したくないというのがほんとうのところのようであられると思いますし、その御霊をお持ちの天乃河ます美様もそれを警告するというのはかなりのストレスであるようです。

好ましくない警告というのは、いつの時代も反発されるものですし、警告したことが起きたところで誰も幸せにはなりません。

しかし、面白半分で観ている人、批判的にご覧の方々は別にして、真摯に受け止める御方々には、今後、出来るだけ年末までには準備できることは準備し、対策を取れるものはしておかれることを強く望みます。年末から来年三月の間は非常に危険であるからです。

前回のブログをお書きした七月から厳しい自然災害が加速度的に強くなってきており、今後ますます強まることは必至であります。こうした自然災害についてはもうすでに九年も前に発刊いたしました「幸せを呼ぶ龍宮物語」におきましても書かれている通りであります。

懸念される南海トラフ巨大地震もいたるところで言われはじめておりますが、それが起きる前にもう一度、内陸部での大きめの地震があります。それが前兆地震となるようです。

そして、これまでも申し上げてきましたが、日本は世界の雛形ということを申し上げてきました。この雛形が世界にそろそろ現れて参ります。これからもっと世界中の火山噴火が多発いたしますし、巨大な地震も近々、海外で現れてくるとのこともお聞き致しました。

このブログを真摯にご覧の方々だけに申し上げておきたいことですが、今後はまるで信じられないようなこと、目を疑うようなことが多発して参ります。これからの苦難を乗り越えて頂くために、今から災害時のための備蓄を始めておいてくださいますよう。警告に関しましては以上でございます。 


いずれにしましても、あとは、どのようになさるかは皆様方次第でもございます。

           出雲 拝

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »