« ブログのタイトルを変更いたしました。 | トップページ | ご質問 »

2013年10月18日 (金)

はじめてこのブログを訪れる方々へ3

五番目でありますが、

これまでベールに包まれてきました龍宮界という世界の真実を明らかにしてお伝えして参ります。とりわけ龍宮界の女神の世界というのは、「水」を司りますが、それは母性の象徴でもあります。これまで龍宮界といえば海の神であるというような認識をお持ちの方々も多いと思います。


たしかに重なるところもございますけれども、海には海の別の霊域があることはお伝えしましたが、女神の龍宮界は地球上にある「水の本質」そのものを司っているのです。全てを生み出す、受容性であったり、潤いというものであったり、そうしたものを司っております。これに関しましたは、順次伝えていく予定であります。


六番目には

これは二冊目になるであろう原稿に書かれていることですが、大峠の後の世界についてのことを後世に伝え残すということであります。これまでも地球の大変容の後の世界についてその輪郭となる部分部分について予言したものがございますが、直接天界からその詳細についてはまだ誰しもわからないことであると思います。それが書かれたものが、「幸せを呼ぶ龍宮物語」に続く第二冊目になろうかと思います。まだその詳細については明かす時期にはきていないとのご指摘もありますので、そのことについてはこのブログで大切なことをお知らせした最後にお伝え出来ればと考えております。


ほんとうは霊界というものの真実をご理解頂くには、宇宙という観点から理解していかないとなかなかその真実もつかめないものなのです。そして、地球に大変関係の深い太陽系からはるかに遠い惑星もございますし、そうした他惑星とは他次元ルートではとても近くにあるのです。


三次元の距離でははるかに遠くても、この三次元を超えた次元空間では距離はほとんどないのです。ですので地球系の霊団の高次元界では、他惑星とも繋がっているわけであります。遠い遠い星から地球にやってくる人々ほど高次元のルートを使っているというのが真実なところであるわけであります。このあたりは皆様方が大変関心を寄せることでもございましょう。他惑星と他次元世界のことお時間が許すのであれば、書けるだけ書いて参ります。



七番目には、

これが、ほんとうは今一番お伝えしなければいけない大切なことであり、しかしまた、非常に躊躇するところでありますが、これからの大峠についてのことであります。


何度も書いてますが、この日本という国は世界の国々の雛形になっております。この日本に起きたことは、世界にやがて拡大して起きていくのです。そしてまず日本からその型示しが行われることになっているのです。現在非常に懸念されております、南海トラフ地震も起きて参ります。それはそんなに遠い未来ではなく、もう間近に迫っております。このブログでも書いておりますが、年末から来年三月くらいまでに、備蓄しておくものは備蓄しておかれるのが懸命な選択であります。


また、あちらの世界では山の神々が活発に龍宮界においでであるとのことをお伺いしております。それは今後大規模な火山活動、そして造山活動が始まっていくことを意味致しますし、世界に目を移しますと、もうすでに幾多の火山噴火も起こっております。内陸型の地震の大きいものも起きて参ります。近畿地方にも関東地方にも九州にも沖縄にも。


「幸せを呼ぶ龍宮物語」にもはっきりとこの竜の落とし子の形をした日本の国の形もこれから変わっていくことが述べられておりますが、まさしくそのような地球の地殻変動がこれから起きていくことになります。


大変な大峠を乗り越えていかなければなりませんが、しかし、こうした出来事は人々の目を覚まさせ、御霊に近づかせる「機」にもつながります。この大峠を起点として御霊に目覚めていく人たちが出てくるでしょう。それこそが私達がこの時代を選択した意味でもございます。


ざっと書いてみました。重複したこともございますが、以上のような内容を今後いろんな角度からお伝えしていくつもりであります。このブログも今一度見直し、整理しなおして皆様方の御霊の向上の手助けになるようにして参ります。



         出雲 拝

« ブログのタイトルを変更いたしました。 | トップページ | ご質問 »

はじめての方へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282412/53637831

この記事へのトラックバック一覧です: はじめてこのブログを訪れる方々へ3:

« ブログのタイトルを変更いたしました。 | トップページ | ご質問 »