« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月15日 (金)

ご質問

「天乃河ます美に御霊の半分を授け、龍宮界よりもう半分を出し、全霊「玉依」として、ありますが、その意味を知りたいです。魂の兄弟という考えではないのですか…」との問いについて


このご質問もよく受けるものの一つでございます。
おそらくご質問者様は高橋信次師の著書なりを学ばれたことがあると思いますが、御霊にはそれぞれ生まれてくる前の出身次元というものがございます。私は個人的にあまりこの次元論は好きではありません。と言いますのも、どうしてもこの世的な優秀かそうでないか、上か下かの判別をしたがる、所謂この世の価値観で観てしまいがちになるからです。


五次元より六次元が上、六次元より七次元が上、七次元より八次元が上だから、八次元の神々の言うことだけを学んで、それより以下の次元の者はどうでもいいとか、そういうお考えの方々も結構いらっしゃるのです。


この次元というのは、古い御霊であるか新しい御霊であるかだけの違いにしかすぎないのです。これを喩えて言えば、ご質問者様は、小さな子供をみられて、どう感じますか… かわいいなぁ、生長したらどんなふうになるんだろうと考えますか、それとも、なんと知能の低い分別のない出来損ないなのだ‥と考えるでしょうか。
小さな子供は経験もありませんから、危険なところへよじ登って、怪我したりもしますし、母親の言うことを聞かずに、わがままな態度をとったりもしますね。


新しい御霊の方々もそれと同じなのです。今現在こういう方面に関心を寄せておられる方々はそれなりに御霊が生長している方々であると思いますが、そういう方々でありましても、はるか昔の新しい御霊の時代には同じようなことをしていたのですね。


小さなお子さんが、泣いたり駄々こねたりしているのを観ても、自分もそういう時があったなぁ、あの頃が懐かしいなぁ、と思うものです。ですから、そういうお子さまを観ても、眼を細めて暖かいまなざしで見つめることが多いと思います。


神々と言われている御霊の方々も新しい御霊たちをそのように見つめているのです。神々と呼ばれる方々であっても、大昔はみんな同じであった過去を持っている方々が多いですから。ですから、自ずと暖かく時間がかかっても、そういう御霊の方々を導いていこうと気長に待てるわけなのですね。


これが次元についての私なりの見解です。
では御霊はいったい、どのような構成になっているのかと言いますと、これはご質問者様もご存知のように御霊は六人の御霊構成で順番に生まれ変わっているのです。その御霊の一番霊格の高い方を本体として、あと五人の分身で六人構成になってます。そしてそれぞれがこの地上で経験したことを共有しあいながら、御霊全体が生長していっているのです。その御霊の分身のうちの一人か本体が守護霊を務め、この三次元での御霊修行が計画通りいくように、いろんな場面場面で守護しているのです。


そして、こういう形態をとっているのは、まだ課題が残っている御霊で必ず生まれ変わらなければならず、まだ輪廻の枠を超えられていない御霊たちの形態であります。それは次元で表現するとするとその出身次元が四次元から五次元、そして六次元の真ん中あたりくらいの御霊たちが中心であります。こういう御霊たちの修行の場としてこの三次元世界が提供されているわけであります。


三次元世界がまだ幼い御霊だけであれば、どうしたらいいのかわからなくなりますね。地上でも学校に生徒だけがいて先生がいなくては授業になりません。
そこで、ある一定の数のもう輪廻の枠を超え、三次元を卒業された御霊たちが地上に出ては、いろんなことを地上に残したり、あるいはいろんな教えを説いたりして、新しい御霊たちが生長できるように導いているわけです。


この輪廻の枠を超える次元とは、六次元の上段からです。輪廻の枠を超え、もう地上に御霊修行のための計画を立てて生まれる必要のなくなった御霊は、地上を観て、自主的に地上の人たちをナントカしたい、と思って出てくる人達ですね。


そしてこういう御霊たちは六人構成の枠も超えているのですね。
これを喩えて言えば、つきたてのお餅のようなもので大きなつきたてのお餅があって、それを小さくちぎってポンと地上に投げるようなもので用が済めば、また元のお餅に戻して一つのお餅になるといった感じでしょうか。
ですから、自由自在なものであるのですね。


それともう一つはこのつきたてのお餅からもう一つのお餅を分けて、その分けたお餅からまた地上にその一部を出すということもできるのです。
たとえば、玉依姫の御霊から「弟橘姫
」を分霊としてだしたということが書かれていると思いますが、実はたまたま地上で有名になっただけで、それ以外にもいくつもの御霊を分御霊として出しているのが玉依姫であるのです。
それだけの御霊の光が多いということであります。


これが分霊というものであります。ご質問者様であればご理解できると思います。


さて、ここまでのご説明から『天乃河ます美』の五割と霊天上界の龍宮の玉依の五割を出して全霊となるというのはどういうことか、と言いますと、
これは地上の『天乃河ます美』はつきたて餅の半分で出ているようなものなのです。五割を出すというのはあちらの世界では、相当の覚悟と決意がないと出来ないことですし、なかなか五割の御霊を降ろすということをする神々もあまりおりません。それは地球系の霊団としての要請があったからそういう決意をされたということであります。


そして『天乃河ます美」の御霊にあちらの世界の龍宮界より、もう半分の玉依姫を身体に入れてと言いますか、ちょっと表現には限界がございますけれども、十割として、あの「幸せを呼ぶ龍宮物語」が語り降ろされ、また自動書記で降ろされているわけなのです。十割というのはどういうことか、おわかりでしょうか。


この地上ではピンとこないのが普通でございますが、あちらの世界から観ましたら、過去に例のないことでもあるのです。五割の御霊を持って地上でご活躍された、高次元霊の御方はおりますが、全霊という「かたち」で語り降ろすというのは、おそらく過去にもないと思います。


私は、最もすごいことをする女性神霊がいると一番最初に注目したのも、この全霊で事にあたるというところであります。他の女性霊でここまでなさる方はおりません。高次元霊は、たいてい御霊の二割、三割程度で地上でお仕事をされるの一般的であります。


ですから、五割の御霊を持って出たというのは、この時代にこの大和の国にとりましても、約束事であり、大きなご使命を担っているということの証でもあります。龍宮界という世界は地上にはほとんど関心がないとお考えの方々もいらっしゃるでしょうが、地上に関心なくあちらの世界でヒラヒの舞っているような方々が、五割の御霊を出すでしょうか…
龍宮界という世界の地上での先入観を改める時は必ず来ます。


この地上世界では、それを証明する手だてはありませんが、もし、あちらの天国世界とつながった形で霊能力がある方々があの書をみれば、そうとう美しい光の書に見えるはずです。過去に数名そういう方々がおられました。


大ざっぱに書きましたけれど、またご理解がゆかないところがありましたら、いつでもご質問くださいませ。



           出雲 拝

2013年11月13日 (水)

ご質問

ご質問が大変遅くなり誠に申し訳ありませんでした。とりいそぎ、まとめて書かせて頂きます。

「なぜ御霊という言い方をするのですか、御霊と魂とは何か微妙な違いがあるのでしょうか‥」


同じでございます。言い方の違いだけです。魂という言い方をする方もいれば、生命エネルギーと言う言い方をされる方もおります。


「御霊」という言い方はあえて言えば、伝え主が龍宮の女性神霊であるからです。「御霊」というの言い方はとても女性霊らしい表現であるとわたしは思います。もうひとつは、御霊というのは「神の分け御霊」であるという非常に尊い意味をも込められた表現でもございます。



「‥地震が気になります。どこの地域が危険なのでしょうか……」との問いについて



地震警戒については出来るだけお伝えしていきたいと考えておりますが、ただ、アトランティスの末期を生き大変な天変地異を経験した御霊の方々も沢山おりますので、ストレートに出すとトラウマから批判並びに不安がる方々がおりますので、アドレスを明記して頂き、メールで返信したいと考えております。


ただ、このブログでも書いた通り、来年三月までには備蓄しておかれるのが宜しいかと思います。出来れば年内中に備蓄はして頂きたいです。


大ざっぱに言えば、千葉、東京はかなり危ないということは確実に言えます。近畿は大阪、奈良のある山から伊勢にかけてが危険です。九州は阿蘇山の噴火も懸念されます。あちらの世界では山の神々がそうとう動き出しておりますので、以前も警告しましたが、山登りは御法度です。


地震の起きる危険な箇所はいくつもございます。どれが最初に動くかわかりませんので、太平洋側でない地域の方々も油断は禁物です。


南海トラフの前には内陸の活断層型の地震が多発すると言われていますから、近畿は特に要警戒です。


それから地震だけではなく、今後は台風も雨の降り方も風の強さも変化してきます。フィリピンの台風30号並のものは今後日本にも来る可能性が大です。
自然を司る神々が本格的に動き出しておりますので、これまでのような甘い対策ではダメですね。


こうしたことに関しては、また書き方を考えてお伝え致します。



「幸せを呼ぶ龍宮物語の天乃河ます美さんとはるみさんの系統の色ってあるんですか、いろんな霊系団によって色が違うというふうに聞いたことがあるのですが、…」との問い

 

 

高次元霊にはそれぞれその方々を表現するにふさわしい色はございますが、それはあくまで象徴です。
『天乃河ます美』としての象徴的な色はあえて言えばブルーですね。水色と言ってもいいかもしれません。これは非常に深さがあるものでございまして、表面的、三次元的には大変楽しい一面をお持ちになっておられ、その部分で接しているとそういう人なのかと思われますが、それは例えて言えば氷山の一角であって、その大部分は三次元的に感じられるものではなく、なんとも言えない「慈悲」で満ちております。これが本質です。それは全てを知りすぎるがゆえの哀しみをも含んだ慈悲でもあるのかもしれません。いずれにしましても、三次元的な部分よりも見えない部分の大半にその本質がある御方です。


『天乃河はるみ』としての個性ある象徴的な色は臙脂色でしょうか、地上で言うピンク色とはまた違った上品な色のような気がします。
この象徴の特徴は優しさ、実直さに満ちたものではないかと思います。


色彩というのはあちらの世界が元ですが、ブルーと言っても、臙脂と言っても、この三次元の色とは比べものにならないほど美しいです。三次元の色というのは、喩えて言えば、白黒写真のようなもの、実物は立体感がありいろいろな色があっても、白と黒のたった二色で表現したような世界なのですね。


ですから、この世での色というのは、あちらでの色の荘厳さをすべてはぎ取った残りカスのようなものなのかもしれませんね。



「万教同根の意味がよくわかりません。キリスト教と仏教では根本的に違うと思うのですが…」との問いについて

 

このご質問はよく頂くものですし、何人かの方々にはメールにてご返信したことがございます。イエスご自身の書き残したものも、仏陀ご自身が書き残したものも実際には何もありません、なにもです。当時の弟子筋の方々が理解できた範囲で書き残したに過ぎず、それすらも、時代と共に都合解釈されていったというのが真実なのです。


イエスが説いたおしえと仏陀が説いたおしえが矛盾するということはほんとうはあり得ないのです。ただ、その時代性、地域性に応じたもの、その時代の人間が受け容れられる範囲のものが説かれたのですね。その当時にたとえば、他惑星のこと、人間の御霊は進化して他の惑星へと移っていく御霊もあるのだ、などと説いても当時であればだれも理解不能であったでしょう。ですから、そういうものは説かれなかったはずです。


イエスの教えも釈迦のおしえも実際は単純素朴で誰にでもわかる説き方をしておりました。しかし、時の経過と共に文明も進歩し、人間は単純素朴なものでは満足出来ず、複雑なものや抽象的なもの、哲学的学問的なものを混入させて、それぞれ勝ってな憶測と推論で上塗りをし、不純物を混ぜ込んで、一部の人間だけに都合の良いようにすり替わっていったわけです。そして当初のおしえからは似ても似つかぬものになってしまったのが歴史です。そしてその延長上にいろんな新宗教やスピ系でしょうか、そういうものが乱立してきたのですね。


ご質問者様が仰るように違いがあるようにみえるのは、人間が創り上げたものが混在しているからなのです。


天上よりの啓示というのは、約束された者にのみ降ろされます。
今回の「玉依姫」からのメッセージもそうですし、非常にわかりやすく女性霊としての役割をしているがために、三次元の知の混ざった形而上学的なものを学んでいる方々にはおそらくはとても物足りなく感じる人もいるかもしれません。
しかし知によるものを取り去り、素直な純粋な心で向き合った時に入ってくるものは、人それぞれに応じてでありますが、今までわからなかったものがハッとわかるようになってくるのです。それは御霊が反応するからです。天上界から降ろされた書というのはそのように出来ております。


また心境が上がればもっと違った感覚で捉えられるようにもなります。


この「幸せを呼ぶ龍宮物語」は活字を追えば誰が観ても同じですが、御霊に響けば、その言葉の奥にある壮大な高次元の意識と言いますか、そういうものが降り注いでくるようにもなっているのです。


霊天上界は決しておしえの押し売りは致しません。イエスも当時はイエスのいる地域の人たちからほとんど受け容れられることはありませんでした。モーゼもそうです。仏陀もそうです。この日本を観ましても、出口王仁三郎師は日本の四大国賊の一人にされました。高橋信次師もごくごく少数の人たちにのみ受け容れられたにすぎません。


玉依姫の言葉も御霊の次元上昇を真から望む限られた特殊な人にわかって頂ければそれで結構です。霊性よりも三次元の知が勝る方々は拒絶するでしょう。しかしそれでもよいのです。時代と共に真実は明かされて参ります。


出口王仁三郎師も高橋信次師も、そして今回の天乃河ます美もやがて時の流れと共に大きくクローズアップされていくでしょう。その時にまた転生してくる人たちもいるはずです。過去世においては拒絶しても出直しの転生の時はよりどころとする人たちもいるのですね。イエスの時も同じく、当時はイエスを迫害した人たちも出直しの転生ではイエスをよりどころとした人たちも沢山いたはずです。過去世において敬虔なユダヤ教徒から生まれ変わって敬虔なキリスト教徒になった御霊たちも沢山おります。ですから、今回も用意の出来た人たちが受け容れてくださったらそれでよいのです。


ご質問から逸れましたが、イエスも仏陀も同じ神理を説いていました。イエスははっきりと生まれ変わりも言っておりました。ただ、国教になっていく時に削除されたものは沢山あります。


やがてキリスト教も仏教もなくなり、新たな地球教のようなものが出てくるようになると思いますが、それとても、当時のイエスや釈迦が説いたように子供からお年寄りまでが理解できる内容になるはずです。
違いがあるとすれば、もっと宇宙的なものになっていくでしょう。



      出雲 拝

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »